こんにちはー(^O^)/       


しろのすけ
でーす(^O^)/






えー。最近バージョンアップした、一条工務店アプリ・・・。





BlogPaint




天気の良い日は発電量を見ながらニヤニヤしている一条オーナーさんも多いかと思います。












無題
↑晴れた日のしろのすけ・・・






さて、今回のバージョンアップで、消費電力もリアルタイムで分かるようになりました。




一条アプリ




1月ごと、1日ごと、1時間ごとでグラフ化された消費電力が一目でわかるようになっています。





↓例えば、こちらは2016年の我が家の月ごとの消費電力です。


BlogPaint

やはり床暖房を使う冬場が最も消費電力が多いのがお分かりいただけると思います。














で、過去の消費電力を確認していますと・・・。





2月の実績が・・・


BlogPaint


矢印のところをさかいに、消費電力が下がっているのが分かります。





ん????



これって・・・・!




床暖房の効きが悪くて、不凍液を補充した時ではないか!!??


その記事はこちらです。

床暖つけてるのに寒いんですけど・・・(((( ;゚д゚)))

床暖の効きが悪い!からの対処法。。。




これって、不凍液を補充したたけで、部屋の気温が上がって、消費電力も大幅にカットできてるんじゃない???








mig

おお―――!





よっしゃ!これは記事になる!
        (↑ブロガーの性癖)







ってことで、データを分析しました。


こちらが2月の日ごとの消費電力。

2月消費電力

2月17日から明らかに消費電力が下がっています。


これが不凍液を補充した効果かと言いますと・・・





不凍液を補充


不凍液を補充したのは、2月13日・・・



ちょっとギャップがあります。








で、考えられるのは、気温との関係・・・。



確かにこの頃は、ちょうどあったかくなった時期だった気がします。





で、この消費電力と、1日の平均気温を同じグラフにプロットすると・・・


2月の気温と消費電力1


!!!!(((( ;゚д゚)))



2月の気温と消費電力2

何だか偶然とは思えない一致が・・・・|д゚)











もう少し期間を広げて見てみましょう。




期間を1-3月に・・・。

1-3月の気温と消費電力

何かよく分かりません。。。
(´;ω;`)












なので、だいたい同じぐらいの気温の日をピックアップして比較してみましょう。





まずは、平均気温が10度前後だった日の消費電力

補充前後の消費電力
気温は同じぐらいですが、若干消費電力は下がっています。

その差、約0.8kw・・・





微妙・・・・。











もうちょっと比較してみましょう。


今度は平均気温が8度前後の比較
不凍液補充後の電力2
その差、約3.6kw・・・


時間帯にもよりますが、ざっと1日50円~80円ぐらいの差でしょうか?



シーズンで考えたら結構大きな差です。







やっぱり不凍液を補充した後のほうが、消費電力は下がっています。





ちなみに、不凍液を補充した後、設定気温を1~2度下げました。


一方で、室温は2度ぐらい上がりました。


(詳しくは床暖の効きが悪い!からの対処法。。。




室温は上がった上に、消費電力も下がっているので、やはり不凍液を補充した効果は大きいと思います。









というわけで・・・







声を大にして言いたい!








シーズン前に不凍液の残量を確認しましょう!


エラーメッセージが出ていなくてもです!



そして、補充せよ!








たまたまじゃないのかー?と思われた方も、来シーズンはちゃんと確認するぞー!と思われた方も、とりあえず応援のポチっをお願いします。


(*゚∀゚)っ  ぽちっ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
ランキングの画面にジャンプするだけですよ~